ホーム > トピックス > 手作り弁当を持って稲刈り体験/第6回あぐりスクール

トピックス

手作り弁当を持って稲刈り体験/第6回あぐりスクール

 JA栗っこは10月6日、今年6回目となるあぐりスクールを栗原市で開き、市内の小学生44人が参加しました。
 今回は、自分で作ったお弁当を持って、同市志波姫地区の学習畑で今年5月に植えたコンニャク芋の収穫と学習田でもち米「みやこがねもち」の稲刈り体験を行いました。

 お弁当作りでは、同JA女性部員の佐藤直子さんから料理の基本となる5つの調味料とその調味料を入れる順番を意味する「さ(砂糖・酒)・し(塩)・す(酢)・せ(正油)・そ(味噌)」を学びました。

 その後、わかめご飯のおにぎりやカレー味のウインナープロシェットなどを作り、彩りを考えながらお弁当を作りました。

 また稲刈りでは、作業前にJA職員が鎌の使い方や刈取った稲の束ね方を説明し、児童は職員や青年部員の指導のもと、4aのほ場の手刈りを楽しみました。稲を束ねることに苦戦する児童もいて、水田には大きな歓声が響いていました。

  刈り取った稲は、棒がけで自然乾燥させて脱穀し、1月のあぐりスクール修了式で餅つきをする予定にしています。


ジャンボカボチャを使って…
ジャンボカボチャを使って…
ジャック・オー・ランタン完成
ジャック・オー・ランタン完成
お弁当作りに挑戦
お弁当作りに挑戦
ピーマンを炒めるんだっ!
ピーマンを炒めるんだっ!
カレー味のウインナープロシェットです
カレー味のウインナープロシェットです
かわいいお弁当できたよ!
かわいいお弁当できたよ!
コンニャク芋は掘るのが大変…
コンニャク芋は掘るのが大変…
豊作!豊作!
豊作!豊作!
稲刈り、体験中〜
稲刈り、体験中〜
指導にも熱が入ります
指導にも熱が入ります
刈った稲は、棒掛けにします
刈った稲は、棒掛けにします
自分で作ったお弁当は最高!
自分で作ったお弁当は最高!
 

ページトップへ