ホーム > トピックス > 夏の暑さに負けない! 座禅体験や「がんづき」づくりをしました/第3回あぐりスクール

トピックス

夏の暑さに負けない! 座禅体験や「がんづき」づくりをしました/第3回あぐりスクール

 JA栗っこは第3回目のあぐりスクールを7月14日に同JA築館支店で行ない、市内の小学生ら52人が参加しました。

 今回は昔ながらのお菓子「がんづき」作りや座禅体験、竹馬・竹ぽっくり遊び、流しそうめんを楽しみました。

  今回作った「がんづき」とは、岩手や宮城を中心に農作業の合間におやつとして食べられていたお菓子で、小麦粉と砂糖を水で溶いて重曹で膨らませ作る蒸しパンのような郷土料理です。

  「がんづき」作りで、重曹をいれて大きく膨らんだ生地を見て児童は「こんなに膨らむなんて思わなかった。出来上がるのが楽しみ」と話していました。

  また同地区の通大寺で行なわれた座禅体験は、金田諦應住職から「去年の地震で去ってしまった命とみなさんのような支え合う命があります。自分たちが、たくさんの命に支えられていることを忘れず、一生懸命生きてほしい」と話し、30分間の座禅体験を行った。

  児童は「座禅体験している時の30分間がいつもより早く感じた」と感想を話します。

  また、昔の遊び体験では竹馬や竹を輪切りにして、紐を通した「竹ぽっくり」などを使って遊んだ。本物の竹で作られた竹馬などを見た児童は興味津々で、失敗しても何度も挑戦していました。

  お昼には流しそうめんを行い、プチトマトやわかめも一緒に流した。また自分達で作った「がんづき」を食べた児童は「遊んだ後に食べると、そうめんもがんづきもとても美味しい」と笑顔で話しました。

がんづき作りにチャレンジ!
がんづき作りにチャレンジ!
よ〜くかき混ぜて…
よ〜くかき混ぜて…
「命の大切さ」を話して頂きました
「命の大切さ」を話して頂きました
無・無・・無…
無・無・・無…
竹駒は本物の竹を使っています
竹駒は本物の竹を使っています
班対抗で競争中!
班対抗で競争中!
似合うかな?
似合うかな?
こうやってのるんだよ!
こうやってのるんだよ!
あれ?トマトが流れてくる…
あれ?トマトが流れてくる…
夏の定番!
夏の定番!
 

ページトップへ