ホーム > トピックス > 「仙台牛」の生産肥育技術の向上を図り勉強会/栗っこ産「仙台牛」をアピール

トピックス

「仙台牛」の生産肥育技術の向上を図り勉強会/栗っこ産「仙台牛」をアピール

志波姫枝肉勉強会
志波姫枝肉勉強会
 「仙台牛」を改良する意欲の高揚と生産肥育技術の向上を目的として12月20日、JA栗っこ「仙台牛」南部志波姫支部は、東京都中央卸売市場食肉市場で枝肉勉強会を開きました。雌20頭、去勢5頭の計25頭を出品し、窪田宗一さん(栗原市志波姫)の出品牛がチャンピオン賞に輝きました。
 
 勉強会では、肉質等級が最高の「A5」を基準とする仙台牛率が、前年度比14%増の64%、4等級以上を基準とする上物率が100%の成績でした。安全・安心を意識した良質な肉牛生産を目指して、栗っこ産「仙台牛」をアピールしました。
 
 勉強会では、チャンピオン賞の他に蓬田忠雄さん(同市築館)、那須徳行さん(同市志波姫)が優秀賞、三塚勇喜さん(同市高清水)、後藤章さんと佐藤弘毅さん(同市志波姫)が優良賞をそれぞれ受賞しました。