ホーム > トピックス > 女性大学「まろんカフェ」が開校/食・農・文化などについて学ぶ

トピックス

女性大学「まろんカフェ」が開校/食・農・文化などについて学ぶ

コーヒーのいれ方について学ぶ参加者(8日、宮城県栗原市築館地区で) JA栗っこは7月8日、栗原市築館地区のJA築館支店で今年度からスタートするJA栗っこ女性大学「まろんカフェ」の開校式を行ないました。今年度は管内に住む20代〜40代の女性を対象に11人が受講し、ライフプランの検討や女性の健康管理などについて学んでいきます。
 
 開校式で菅原章夫組合長は「男女協同参画が進み、女性が社会進出する機会が多くなってきている。次世代リーダーを育むためにも女性大学で様々な事を知ってほしい」と挨拶しました。
 
 第1回目は、シフォンケーキの作り方と同市築館地区でコーヒーショップ「カントリーストア」を経営する広田久美さんを講師に招き、コーヒーのいれ方について学習しました。広田さんは「コーヒーはお湯の温度によって味も変わってくる。季節に合わせた飲み方の工夫を実践してみて下さい」と話しました。
 
 女性大学は、管内の女性が食・農・文化・福祉等の学習を通じ、地域における自分の役割を発見するとともに、仲間作りを進めることを目的として開催しています。今年12月まで計6回のカリキュラムを行なっていく予定です。