ホーム > トピックス > 全畜産農家を対象に消毒薬を配布/JA栗っこら関係機関が無償提供

トピックス

全畜産農家を対象に消毒薬を配布/JA栗っこら関係機関が無償提供

菅原組合長(右)から消毒薬を受け取る代表者(1日、宮城県栗原市築館地区で) 宮崎県で口蹄(こうてい)疫の感染が広まっていることを受け、栗原市や全農みやぎ、栗原農業共済組合、JA栗っこは管内約1,200戸の畜産農家に消毒薬の無償配布を始めました。今後は県とも連携を図り、口蹄疫の感染予防に取り組んでいきます。
 
 配布するのは、塩素系消毒薬「クレンテ」(1キロ)で、同市高清水地区のJA全農みやぎ北部資材流通センターから5日間かけて管内畜産農家に配布する予定です。同市では感染予防のため、5月に消石灰も配布しています。
 
 6月1日に同市築館地区の直売所・JAグリーンくりっこ市場で消毒薬剤配布式が行なわれ、管内の肥育部会や和牛改良組合の代表者に消毒薬が配られました。栗っこの菅原章夫組合長は「畜産農家の経営を考え、口蹄疫の防疫対策は徹底して行なわなければならない」と話しました。