ホーム > トピックス >子供の「食と農」体験を通じ保護者の交流/ママのあぐりスクール開催

トピックス

子供の「食と農」体験を通じ保護者の交流/ママのあぐりスクール開催

米粉パンの生地を作る参加者  JA栗っこは2月28日、築館支店でママのあぐりスクールを開催しました。平成20年度のあぐりスクールを体験した生徒・保護者ら31名が参加し、米粉を使用したいちご大福と米粉パンを料理しました。参加者は米粉料理を作りながら、今年度あぐりスクールに参加した感想や来年度に向けた取組みを語り合いました。JA栗っこ高橋隆常務は「JAは食農教育を通して、地域の食育を推進していきたい」と挨拶しました。
 
  JA営農部では「非農家の方にも目を向けられるような活動を展開したい」と来年度に向けた抱負を語ります。平成18年から始まったあぐりスクールですが、当JAは今年7月30・31日に「あぐりスクール全国サミット」開催地となっており、現在は開催に向けた段取りが進められています。

ページトップへ