ホーム > トピックス > 男の料理で地産地消を学ぶ/JA栗っこ青年部学習会開催

トピックス

男の料理で地産地消を学ぶ/JA栗っこ青年部学習会開催

料理をする青年部員 JA栗っこ青年部は2月10日、若柳支店で学習会を開催し、部員や関係者ら約20名が参加しました。同JA米粉料理研究会を講師に招き、米粉料理についての講演と実習を行いました。
 
 講演では、同研究会の佐竹きみ子会長が「栗っこ米を生産している青年部と協力し、米粉の普及拡大を目指していきたい」と話しました。また「米粉料理コンテスト」「クッキングフェスタ」などイベントの開催や、各地区女性部との米粉料理教室・意見交換など普及運動の展開を説明しました。
 
 実習では研究会員の指導で、米粉を使用したピザ・ホットドック・コーンスープの3品を料理しました。参加した青年部員は「普段は携わらない料理だが、楽しく、美味しく学ぶことができた」と笑顔を見せました。JA青年部の菅原昌行委員長は「米粉も含め、青年部が一丸となり地場農産物の地産地消を展開していく」と意欲を語りました。

ページトップへ