ホーム > トピックス > 伝統芸能で新年を祝う/ミニデイで駒堂神楽を楽しむ

トピックス

伝統芸能で新年を祝う/ミニデイで駒堂神楽を楽しむ

ミニデイ参加者は神楽を楽しみました JA栗っこミニデイサービスは健康の里「さんさんドリーム」(栗原市栗駒地区)で1月6日、駒堂(こまどう)神楽を楽しみ新年を祝いました。ミニデイとは、JAが栗原市より委託を受けている「生きがい活動支援事業」で、栗駒地区の元気な老人を対象に週3回、手芸・歌・踊りなどを行っています。
 
 今年1回目のミニデイでは、新年のお祝いと兼ねてからの参加者の要望により、駒堂神楽を招待し、参加者は地元の伝統芸能を楽しみました。JAスタッフは「参加者の和やかな雰囲気で、新年を祝うことができてよかった」と笑顔を見せました。
 
 駒堂神楽は、栗駒文字地区の小学生を中心に現在は6名で構成。週2回の練習で腕を磨き、宮城県内外で開催している各大会や、イベントなどで神楽を披露しています。

ページトップへ