ホーム > トピックス > デイサービス・防災訓練でスタッフ意識高める

トピックス

デイサービス・防災訓練でスタッフ意識高める

消火器の使用方法を学ぶJAスタッフ 栗原市金成のJA栗っこデイサービスセンター「栗っこの里」で10月19日、防災訓練を行ないました。同施設は2006年3月開業以来、毎年訓練を行っています。訓練は地震の発生と同時に火災が発生したと想定し、利用者の避難誘導や人数の確認、応急救護などを行いました。
 
 菅原みき子センター長は「慌てず迅速な誘導を心がけてほしい」と参加者に呼びかけました。築館消防署の菅原彦氏は「防災意識を普段から高めてほしい」と講評し、実際の災害時も人命を最優先してほしいと話しました。
 
 菅原センター長は「6月の地震発生直後、まっ先に職員には利用者やその家族の安否確認を行った」と話し、近い将来発生するといわれている宮城県沖地震への対処法を、訓練を通じて再確認しました。

ページトップへ